ワクワクメールのメンテナンス

更新日:

ワクワクメールのメンテナンスはトップページの新着情報にお知らせとして1週間ぐらい前から通知されます。

ワクワクメールの新着情報

だいたいメンテナンスの期間は平日深夜の午前2時00分~午前5時00分頃が多いです。

サーバーエラーや緊急メンテンナンスのときもありますが、そのときは通知がされません。

ワクワクメールの公式ツイッターも宣伝情報をボットで流すだけなので、使えませんが、ツイッターで検索すればワクワク難民が何かしらの書き込みをしいます。

解決はしませんけどね。

急にアクセスができなくなると焦りますし、公式が情報提供して欲しいです。

ワクワクDBもメンテナンスラーになる

ワクワクDBへのアクセス障害が頻発しております。

特に、出会い系にアクセスが殺到する深夜9時~12時ぐらいはひどいです。メンテナンスエラーがでるか、1件を表示するのに5分ぐらいかかるときもあります。

なぜこのような繋がりにくい状況になってしまったのか考察してみます。

アクセスが急増

ワクワクDBのグーグルトレンドのグラフ

このグラフはグーグルトレンドでみる、『ワクワクDB』の検索回数です。リリースと同時に、日に日にアクセスが増えています。これが主たる原因であり完全にサーバーを圧迫しています。更新履歴を確認すると2013年の時点で12万件のデータベースとでていて、2016年の時点でアクセスが2.5倍になっていますので、膨大なデータが蓄積され、さらにそれを見たいユーザーの数も増え続けているのです。

サーバーが弱い

ワクワクDBのレンタルサーバーを調べてみると、『さくらインターネット』となっておりスタンダードタイプだと月500円で使える格安のサーバーになっています。

他社のサーバーは基本的に1000円以上からのプランになっていますし、他社のサーバーと比べると、速度と安定性で劣ることは明白です。

ここまでワクワクDBの人気が増えることを想定していなかったのでしょう。せめて強力なサーバーに変えてくれたら。。。

アクセスが増え続けているところを見る限り、ワクワクDBがメンテナンスエラーやアクセスエラーから改善されることはないでしょう。使う時間帯を早朝などのアクセスが少ない時間を狙うしかなさそうです。

管理人の興味がない?

更新履歴を見ていただければ分かりますが2013年のアクセス数の公表を最後に3年以上も更新されませんでした。

また、2016年に新IDに対応後も放置されています。

ワクワクDBはデータベースサイトとして完璧なまでの仕組みができあがっているため、ほっといてもアクセスが集まる超優良なサイトであることは間違いありません。

しかし、3年以上もメンテナンスを怠っていることを見ると、管理人が全く興味をもっていないような気がします。

おそらくエンジニアとして、製品は既に完成させているため、愛着がないのでしょう。

ワクワクDBが終了したら?

現在の激重な時点でもう終了しているようなものですが…
(インターネット黎明期のISDN回線の時代を思い出す)

もしワクワクDBが完全に閉鎖してしまうと、ワクワクメールの優位性が一気にくずれます。

ハッピーメールよりワクワクメールが人気な理由はワクワクDBができたから、と言えますが、ここでワクワクDBがつぶれたら、またハッピーメールが逆転し、ユーザーを集めるでしょう。

ワクワクメールの人気は劣っても、ワクワクDBのアクセスは増え続けています。裏の情報というのは、それだけ麻薬のようなものなのです。

PCMAX は公式サイトでアクセス数や返信率などより強力な情報をみることもできますが、ポイントを消費することになります。お金に余裕のある利用者はこの機能で会いまくっているようですが。

おすすめの出会い系

PCMAX(R18) は会員数が1000万人を突破し運営が15年続いている人気の出会い系です。

続いてのオススメはハッピーメール(R18) です。

どちらも登録・退会が無料で簡単、今なら1000円分のポイントが付与されますので初心者でも気軽に試せます。

お試しポイントで会うことも可能ですが、入会直後のポイント購入お得になっています。

女性は無料で使えます。

-ワクワクメールの特徴

Copyright© ワクワクDBの攻略 , 2018 All Rights Reserved.